© 2016 iyashiyasan All right reserved.

  • Facebook Social Icon

ジョギングは危険? 体をどう鍛えるか

August 28, 2016

こんばんは。

癒し屋さんの平藤です。

 

今日は、Webニュースを参考に、運動について、お伝えしたいと思います。

皆さんも、一度は、運動の良し悪しを、考えた事があるではないでしょうか。

運動は体に悪いのか、ジョギングはどうなのか。。

あなたは、どう思いますか?

 

まずは、ニュースサイトを↓

http://president.jp/articles/-/18501

(1ページ目以降、登録しないと読めなくなったようです。2ページ以降は要約します。)

 

2ページ目の内容を要約すると、

①ジョギングするなら、ジムのトレーナーの指導の下、ゴム製のライニングマシンを使って行うと良い。

②お勧めはウオーキング。特にプールでするのがお勧め。

③ウオーキングは筋肉量を増やし、体脂肪を燃やし、内臓脂肪を落としてくれる。

④歩くと脳の血流も改善する。認知症の予防にもなる。

 

まず内容からの結論をいうと、

「運動の仕方」さえ問題がなければ、運動は大丈夫です、という事ですね。

 

私自身も運動に関しては、「行い方」だと思っています。

 

運動の良し悪しの難しさは、なんといっても、ケガや歳を取ってからの痛みの問題です。

全ての人に当てはまるわけではありませんが走る事は単純に、膝にきます。

負荷の掛け方しだいですが、人によっては、心臓に負担がきます。

人によっては、腰に。違う方には、足首にと。。

本当に何かのタイミングで、歩けなくなる事もあるかもしれません。

 

私達は危険な可能性を考えて、皆さんには安全策をと考えています。

そのため、最終的に健康には、ウオーキングが一番だと言ってしまうのです。

マイナスの可能性を、できるだけ避けたほうがよい、という提案をしているわけですね。

 

それではなぜ、ウオーキングが体に良いのかも考えていきましょう。

ここを考える事で、もっと歩く事の大切さを分かっていただけると思います。

 

それでは、ウオーキングの良い所は何なのか。

単純なものを挙げると、

①血流が良くなる

②筋肉が付く

③良く眠れるようになる

などでしょうか。

 

ウオーキングの良い所は、もっともっとありますよ。

さらに挙げると、

①脳の血流が良くなる

②筋肉のバランスが良くなる

③背骨のバランスが良くなる

④老化の防止になる

⑤心の整理や、精神の安定に良い

⑥肌つやに、ハリが出てくる

⑦食欲がでる

⑧便通が良くなる

などでしょうか。

 

本当は、これ以上挙げられますが切りがないので、これくらいに。

 

実際、ウオーキングの効果は多岐に渡り、これ以上簡単で最高の健康法は無い、と言っても過言ではありません。

 

それでも、運動や整体の結果も含め何でもそうですが結果は、人それぞれです。

生活環境や考え方、体の状態が違うため、最終的には違ってきます。

この辺りに関しては、また今度、書きたいと思います。

 

お店のお客様の中にも、本当に色々な方がいらっしゃいます。

運動を積極的にされる方、されない方。仕事で一生懸命な方、家庭で忙しい方などなど。

その中で、できる事をしてゆく。やはり、これしかありません。

 

あなたは、どんな健康法をしていますか?

それは、正しい方法ですか。

分からない方は、気になる方は、気軽に相談してください。

 

ちなみに、当店では特に運動という運動をしない方でも、肩こりや腰痛、長年の不調というものは、軽減し消えていきます。

それは運動に等しい施術を体に対して行っているからです。

運動とまではいきませんが、健康体操程度の運動量はありますね。

 

副産物として、体の色々な所が自然と引きしまり、無駄な部分が無くなっていきます。

ウオーキングも続けていくことで、そういう効果がでてきます。

 

「ジョギングは危険? 体をどう鍛えるか」

 

この答えは、人それぞれ、ということです。

 

もし今、何をしていったらいいのか悩まれている方がいれば、一度相談してみてください。

できるだけ、あなたに合ったアドバイスを考えさせていただきます。

ご来店、ご相談お待ちしております。

 

今日は、これから台風が来るようですので皆さん、お気をつけて。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Blogger Social Icon
特集記事


寒さによってビタミンCの使用量が増加、これはある意味で盲点になりやすいところです。あなたは何か対策をされていますか?体に必要なビタミンCは、寒くなるとそれだけで過剰に必要になるものです。一種のストレスを受けた状態ともいえるでしょう。ストレスによる使用量の増加とも。欠乏すると腰痛やぎっくり腰にもなり...

〈からだメモ〉寒くなるとビタミンCの使用量が増加する

March 1, 2017

1/3
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload